1. 2016年 シリーズランキング

2016年 シリーズランキング

総評

1ボート1選手制での開催となった1年目。
例を見ないオフショア大会の歴史の1ページを作りました。
とにかく安全を第一に考えはじまった今年の大会、ボーターとしてもレベルの高い選手が集まっただけに事故も無く、安全かつ健全に1年目は幕を閉じたことを喜ばしく思います。

ボートシーバストーナメント4年目を向かえ、徐々に選手達の本気度合いが増してきたように思えます。
毎戦のプラクティスの日数が増えてきている様にみえます。

そして、今年から5匹のリミットフィッシュ制を導入。
このようなルール変更にも動じない選手ばかり。
厳しい状況下でも、4割くらいのリミットメイク率。
得意な釣りが成立し、勝利したかと思うと思ったように釣れなく、苦戦する時も。
そんな中、コンスタントに釣り続け、全戦にてリミットメイクをした池上日明選手がシリーズチャンピオンを獲得しました。

(実行委員 斎藤)

敬称略(同率の場合は最高順位→最大サイズ)
Rank Name boat R 1 R 2 R 3 R 4 R 5 R 6 Total
1 イケガミ アキラ 池上 日明 D-marina 100 80 80 90 75 90 440
2 モリタ ヒデノリ 森田 英典 Real 65 100 75 75 35 100 415
3 エンドウ マサアキ 遠藤 正明 アイランドクルーズ 60 90 100 100 55 60 410
4 ハヤカワ マサカズ 早川 昌和 Striker 90 65 85 欠場 80 75 395
5 ウチダ シンゴ 内田 信吾 SEAWOLF 85 85 55 85 30 50 360
6 イケダ ヒロユキ 池田 裕之 Valley hill 80 70 65 40 90 欠場 345
7 オカモト ケイイチロウ 岡本 慶一郎 シークロ 75 45 60 55 60 85 335
8 オオバタケ タク 大畠 拓 Sea Style 45 75 90 50 70 45 330
9 フクナガ ユウミ 福永 雄海 Seabass Captain 30 35 70 70 100 40 315
10 カズノ タツヤ 数野 達也 エバーグリーン 50 25 40 80 85 55 310
11 サイトウ タカヒロ 斎藤 剛宏 D-marina 70 55 30 欠場 65 70 290
12 オビ エツシ 小尾 えつし E&A 40 60 25 45 0 65 235
13 フジタ マサアキ 藤田 正明 TEAM 8 35 40 欠場 65 45 欠場 185
14 スギヤマ タカヒロ 杉山 貴洋 BLUE DOG 欠場 50 35 35 50 欠場 170
Rank Name boat R 1 R 2 R 3 R 4 R 5 R 6 Total

シリーズサマリー

ラウンド数 6戦/6戦
参加数(のべ) 85人
ウェイイン総数 273本
リミットメイク率 44.71%
最長ウェイイン 299.5cm(TR)
最大叉長 74.5cm
最小叉長 40.0cm
平均叉長 51.3cm